治谷 文子

治谷 文子

Haruya Ayako

 

1974年 沖縄生まれ

浦添工業高校デザイン科卒業後、大阪デザイナー専門学校にてプロダクトデザインを学び

卒業後助手として3年プロダクト科で学生の指導にあたる

その後glassアクセサリーのデザイン製作会社やギルドギャラリーでの経験を得て、

沖縄に戻りフュージング技法を学びglassアクセサリーを中心とした創作活動を始める

2004年 ジュエリーデザイナー統滋海樹氏との出会いにより

これまで模索していたメタルとglassの新しい可能性を求め工房に入門

2005年 神戸にてグループ展を開催

2007年 銀とglassを使った作品がユザワヤデザインコンテストで入賞

2010年 北谷「AKARA」の立ち上げに参加

現在は創作活動とレキオシアンのアシスタントをしている