佐久本弥生さん アトリエ訪問①

佐久本弥生さんのご自宅のアトリエを訪問しました。

那覇市の高台にあるご自宅。

 

愛犬のミニチュアダックス「そら」と「ちゅら」に迎えられ(吠えられ)ながらアトリエ部屋へ。

 

部屋の天井にはシャンデリア!

もとは応接間だった部屋をアトリエとして使っているそう。

窓からは那覇市街とその向こうに東シナ海が臨め、眺めも最高です。

元々視力の良い佐久本さんですが、目を使う仕事柄、よく遠くを見るようにしているそう。

部屋を見渡すと、ソファやテレビの他山梨で職人をしている頃から約20年使っている彫金机、バフや圧延ローラーなどの機械もならんでいます。

羨ましいアトリエ設備です。

 

ソファを勧められ、座ると横に大きな箱が。

「この箱何ですか?もしかして作品?」

「この間団体戦で優勝したんですよ〜!」

と箱から出して見せてくれたのはなんと優勝トロフィー!

佐久本さんの趣味はバドミントン。

机の前で細かい作業をする仕事柄、外に出て身体を動かしたいと思った時に近所の体育館のサークルに入ったのがきっかけだそう。

 

「じゃあはじめましょうか!」

今回作るのは12.5号のV字リング。表面に3石のダイヤモンドを埋め、リングの上半分に手彫りを施します。

 

サイズ棒にノギスをあて、作るリングに必要な長さと重さを計算します。

 

必要な量のプラチナを皿に入れ溶かしていきます。

プラチナの融点は1,700℃以上。

眼を保護するため黒いメガネをかけ、酸素バーナーで当てます。

バーナー片手に黒メガネ姿が男前です!

 

火を当て続けて数分。

粉状だったプラチナがひとつに溶け固まりました。

真っ赤です!

プラチナが熱いうちに金槌で叩き、延ばしやすいように角棒状にしていきます。

 

赤かったプラチナの温度がさがり次第にグレーに。

あっという間に角棒の出来上がり。

「どや(笑)」

 

ノギスでサイズを確認し、圧延ローラーでさらに細く長い棒状にしていきます。

 

 

細くなったプラチナに再度火をあててなまします。

湾曲している棒をまっすぐに整えていきます。

 

まっすぐな棒に!

リングの形に整えます。

V字になるよう角棒の端を糸鋸でカットします。

 

V字リングの形になりました。

隙間をつなげるためのロウ付けです。

 

12.5号サイズピッタリに仕上りました!

 

ロウの跡をヤスリで削り、リング全体を磨き整えたあと、一旦お客様にサイズの確認をさせていただきます。

サイズの確認ができたら、佐久本さんの真骨頂、ダイヤモンドの石留め、そして彫りの作業です!