母娘のオーダー&お直しリングのお渡し

佐久本弥生さんのオーダーリングのお渡しの日。

佐久本さんと一緒にお客様のご来店をお待ちしていると、いつものように母娘仲良くお越しになりました。

 

オーダーのきっかけは、お母様がいつも着けてらっしゃるダイヤのリングが少し痩せたためサイズが大きくなったそう。

取れてしまうのが心配だけど、サイズ直しはしたくないとのご希望で重ねづけするリングをお探しでした。

 

店頭にあった佐久本さんのV字リングを試しにVを逆にして重ねて着けたところぴったり!

すぐにオーダーの相談のため、日を改めて佐久本さんと打ち合わせをしました。

 

佐久本さんの話を聞き、お嬢様と相談しながら、店頭のV字リングをベースに、

「リングの縁の点々(ミル打ち)はぜひして欲しい!」

「ダイヤモンドは3石」

というお母様のご希望を盛り込んだ内容でオーダーを承りました。

 

こちらのリングの製作過程は過去のJournalにも掲載してます。(下のリンクからご覧いただけます。)

アトリエ訪問① https://reunir-piece.com/journal/180

アトリエ訪問② https://reunir-piece.com/journal/181

 

いよいよオーダーリングのお渡しです。

 

リングケースを開けて「まぁ!」

 

着けていたダイヤのリングを一旦外し、

「まずは一本だけで着けてみなきゃ!」と薬指に。

「まぁ、素敵!」

そしていつものリングを指に戻し、二本を重ね着け。

 

「まぁ、ぴったり!!」

 

ルーペを使ってダイヤモンドや彫りの細かさを確認していただきます。

 

「ひとつだけ着けても、二つ重ねてもどちらでも素敵ね。」とご満足のご様子。

 

そして、先日の打ち合わせの際、お嬢様からもお直しのご依頼を受けてました。

二本のリングのサイズ直しです。こちらのお直しは私の方でさせていただきました。

 

パールの付いたリングはなんと十三祝いの時にお母様から贈られたものだそう!

「当時、母と一緒に宝石店に行って選んだんです」と少し照れくさそうにお母様をみて。

大事に保管され、パールの艶もリングもとてもきれいな状態でした。

いま着けるには少し狭いそうで、7.5号サイズを8号サイズに。

 

そしてダイヤモンドが一粒付いたリング。こちらもとても思い入れのある大事なリングとのこと。

小指に着けるピンキーリングだったそうですが、薬指に着けたいのでと3号サイズから8号サイズへ。

 

こちらもぴったりです。

 

お二人が二本のリングを着けているのを見て、

「まるでおそろいみたい!」

偶然にも母娘でVの形のリングとひとつ石が付いているリングの組み合わせ!

母娘のリングの記念写真です。

お嬢様の趣味と佐久本さんの趣味が一緒で、編み物の話や、お洒落だったおばあさまのお話をしたり。

今回のリングの製作過程の写真もご覧いただきました。

 

お母様に寄り添い、お母様の言葉のリズムに合わせてゆったりと耳を傾けるお嬢様。

終始にこやかで和やかな雰囲気のお二人。

 

お二人とも「そのまま着けて行きます」と。

その笑顔にこちらまで幸せな気持ちになります。この瞬間が何よりのご褒美。

 

お二人をお見送りしたあと、

「(喜んでいただけて) ホントよかった〜」と佐久本さん。

母と娘それぞれの思いのこもったリング。

それぞれの日々で新しい記憶を刻み、手元で輝き、暮らしに馴染んでいってほしいと願うばかりです。