ご結婚が決まり、マリッジリングをご検討していたお二人。

あちこちのお店でリングを検討する中で、女性用は華やか、男性用のリングはシンプルなデザインのものが多く、オリジナリティやデザインの面で決めかねていたそう。

ご友人から紹介してもらった弊店のホームページで佐久本弥生さんの彫りの施されたリングを気に入ってくださったそうで、早速佐久本さんと打ち合わせとなりました。

 

佐久本さんは彫りの専門家なので、お好きな模様のオーダーも可能です。

誕生花や植物など沢山ある彫りの図案を見ながら、

「例えばこんな感じでも彫れますか?」

と男性からアイデアが!

「ト音記号と、反対側にへ音記号とか。。」

男性は音楽に携わるお仕事をされているそう。

次から次へと出るアイデアを紙に書いていきます。その様子を隣で楽しそうに見守る女性。

タガネという工具と小さな金槌を使って一筆書きのように模様を彫る佐久本さんですが、

ト音記号のようなカーブが連続する長い線の模様は初めてだそう。

「たぶん、大丈夫だと思います。。」

いつになく佐久本さんの声のトーンが …(汗)

男性からポンポン飛び出すアイデアに、デザインを描いて応じる佐久本さん。

白熱してきました!次第にテンションも上がり、

「練習します!」 

店頭のサンプルリングにマジックペンで図柄を描きおこし、実際のリングイメージが出来上がってきました。

「頑張ります!」

いつもの佐久本さんになってきました(笑)

 

男性のリングは幅広に、女性のリングは華奢な指に収まりがいいよう彫りが施せる最小の幅で、平打のデザインにメインの図柄をト音記号とへ音記号に決め、リング全周に唐草彫りを施すことが決まりました。

男性は転勤が決まり、3月下旬には沖縄を離れるためその前にリングを受取りたいとのご希望です。

 

お受け取りの日を迎え、大安吉日。

その日市役所へ婚姻届を提出し、ご夫婦となってリングをお受け取りにいらっしゃいました。

幸せいっぱい!ほやほやのご夫婦の登場です♡

店内のBGMを結婚行進曲にして佐久本さんと共にお二人をお出迎え。

 

いよいよ指輪とのご対面です!

箱を開けると、

「わぁ!」

「おー!」

 

「ト音記号ちゃんと入っているー!」

奥様のリング幅は3.5mm。ご主人は5mm。

どちらのリングにも、ト音記号を斜めにその両脇にへ音記号を配し、細い線の唐草模様が美しく彫り込まれています。

 

新郎新婦の指輪の交換、そして記念撮影(笑)

 

「すごい!とても綺麗!」

「こんな素晴らしい仕上りになるなんて!」

「感動しました!」

想像を超えるリングの仕上りに一同拍手!

 

ホッとした様子の作り手の佐久本さんを目の前に、思わずご主人が、

「どんな手をしているか見せてもらえますか?」

佐久本さんが手のひらを見せると、

あれ? 

予想に反しマメなど全くないきれいな手のひらです(笑)

思わず握手!

「今回はありがとうございます!」

佐久本さんも初めの頃は早さと正確さを求められ、数をこなさなければならない仕事の量に、ケガやマメ等も多かったそうですが、それから20年。

すっかりキレイな手のひらで仕事もできるようになりました。

マットに仕上げた地金面に彫りを施すことで、彫り跡に光が反射して一層キラキラと輝く美しい仕上り。

作り手とともに考えて生まれたお二人だけのリングです。

 

リングケースは私が作らせていただきました。

奥様の旧姓にちなみ六角形です。

ご主人の単身身赴任で、しばらく離れて暮らすことになるお二人がそれぞれのリングを置く場所として、

 

いずれ一緒に暮らす時にまたひとつに重ねることができるようなかぶせの箱にしました。

 

それぞれの暮らしのなかで離れながらもお互いを尊重し、想い合う。そんな素敵なご夫婦になっていくのだろうな。

これからの出会いや出来事がお二人の人生を美しく奏でてくれますように。

 

12月3日にご入籍されたご夫婦。

「あ、入籍日1、2,3ですね!」

「そうなんです!」

 

お二人が選んだのは平打のプラチナリング。

奥様のリングにはダイヤモンドを一石。

刻印も2017.12.3とシンプルに刻みました。

 

お受け取りは3/14、ホワイトデー。

マリッジリングのお渡しの際には、ささやかなプレゼントを用意するのですが、今回はなにか123にちなんだものを差し上げたいなと考えてました。

打ち合わせで奥様がワイン好きとお話されていたのを思い出し、

読谷村にあるワインショップ「アン、ドゥ、トロワ」(フランス語で1 2 3 の意味です)さんへワインを選びに。

ナチュラルワインをセレクトし販売ているワインショップで、首里にあるレストラン「CONTE」さんで満月の日に行われる「満月コント」ではお料理と共にそのワインを味わうこともできます。

ご店主に今回のことを話し、ホワイトデーにちなんで白ワインを、若いご夫婦が営んでいるというフランスのワイナリーのワインを選び、ワインの説明とお祝いのメッセージを添えてくださいました。

 

建物や通りを新しく整えながらも古い町並みを大切に残す歴史ある町。

その同じ町で生まれ育ち、そして夫婦となって、1、2、3とこれから共に歩まれていくお二人の暮らしに寄り添うようなリングになりますように。

 

末永くお幸せに、そして素敵なホワイトデーを♡

お二人の幸せを願ってカンパイ!

その知識の広さと深さに敬意を表して「石博士」と呼ばせてもらっている仲地由美子さん。

彼女の作品が続々と届きました。

 

ブラックダイヤモンドにムーンストーン、サフィレットガラスにラブラドライトやラピスラズリなど。

使用する石もさまざま。

どれも彼女がもつコネクションルートで手に入れた石のコレクションの中から選ばれた石たち。

作品を作る前に石に耳を傾けると、声が聞こえてくるそう。

その声が聞こえた時にはじめて製作に入ると彼女は言います。

 

こちらはピンクサンゴとブルートパーズのピアス。

ツルンとしたカボションのピンクサンゴにフロストのトパーズ。

対称的な色と質感を組み合わせた、みずみずしい印象の作品です。

 

こちらのリングには真多麻(まだま)と呼ばれる稀少なブルー系のアコヤパールを使用しています。

着色していない、自然の色合い。アコヤパールならではのテリ。

その美しさを讃えるようにプラチナの台にのせ、サイドに小さなダイヤモンドを添えて。

ダイヤモンドは合計4個。

こちら側はホワイト。反対側にはピンクを。

 

角度によって様々な色を放つサフィレットガラスのネックレス。

チェコのアンティークガラスで、製造方法を知る者がいない今、同じものを作ることができないとても貴重なガラスです。

アコヤパールのネックレスを使用し、なんとも贅沢なネックレス。

トップを外してチェーンと組み合わせたり、パールネックレスだけでも使用していただけます。

 

 

魅惑的な光を放つサフィレットを中心に、ゴールドとシルバーが放射状にのびた先にダイヤモンドを留めてます。

シルバーを使用したのは経年で色が変化していくことも見越してのこと。

アンティークガラスならではの雰囲気を時の重なりとともに深く味わって欲しい、お手入れをしながら永く愛用してほしいとの強い願いから。

 

素材の美しさ、特徴を熟知し、素材から語りかけてきた時にはじめて作品をつくる姿勢を貫く彼女の作品には愛情があふれています。

使用している石の美しさにも目を見張りますが、細部のデザインやパーツ使いにも注目していただきたいこだわりの作品たち。

作品は brand でもご紹介しています。 → https://reunir-piece.com/brand/59

「ピアスをイヤリングにかえることはできますか?」

初めてご来店された時お尋ねになり、日を置かずにすぐにご持参になったピアス達。

 

世界各地を旅して、その土地の気に入ったピアスをひとつ旅の思い出に。

それが旅のお決まりで楽しみだそう。

 

急にピアスホールに金属アレルギーのような症状がでるようになり、ピアスを着けることができずこれらの品々はしまっていたそう。

イヤリングにすればまた着けることができると、後日4点追加され計14点全てイヤリングパーツへの交換を承りました。

 

革、ガラス、アクリル、パール、陶器にガムランボール。

素材も様々で国際色豊かな品々!

「これはどちらで買われたのだろう?」

「このつなぎ方おもしろい!」

パーツの組み合わせやデザインもユニークです。

 

大ぶりのポストタイプはポスト部分を切り、切断面にヤスリを掛けて整えた後イヤリングパーツに接着します。

軽くて小さいパーツは耳たぶにはさむだけのノンホールピアスに。

揺れるデザインはチェーンや丸カンを足してピアスのときと同じような位置にパーツがくるように。

アメリカンタイプはイヤリングにした時に金具が目立ちすぎないように使用されている金具の色を合わせるなど、

できるかぎりその品の雰囲気を活かすようなパーツを選び、お直しさせていただきました。

 

 

交換が完了しお渡しの日、14点をひとつひとつ着け心地を確認しながら丁寧にご試着されて。

「これは露店のあやしげなおじさんから買って(笑)」

出会ったシーンや交わしたやり取りなど思い出し笑顔がこぼれ、こちらまで旅のお土産話を聞いているような気分でワクワクします。

 

 

この子達もまた着けてもらってきっと喜んでいるだろうな。

ものや思い出を大切にされる姿勢が素敵で、そのお手伝いができたことがとても嬉しくなりました。

 

旅するピアス達は沖縄でイヤリングにかわり、再び旅へ。

次はどちらへ行かれるのかな。

年明けにご入籍を控えたお二人へ。

 

リングの表面を鏡のようにツヤを出した鏡面仕上げとサラッとしたマット仕上げ。

仕上げの違いをご参考にしていただく店頭のサンプルリングをご覧になって、

「どちらの雰囲気も楽しみたい」

ひとつのリングの半円をツヤ、半円をマット仕上げに。

ご主人はプラチナで幅を太めに。奥様はK18ピンクゴールドで細めに。

リングの厚みはお二人同じ1.2mmにそろえて。

いただいたオーダーリングが完成しました。

 

お渡しの時、ちょうど東の窓から明るい光が差し込んでたので、窓辺のテーブルで記念撮影会。

作り手の佐久本さんとカメラのアングルを相談しながら奥様が夢中で撮ってる様子がかわいくてパシャリ(笑)

ブレてしまいましたが(汗)

 

金属を溶かし、叩き、延ばし、鍛造で作られたリング。

金属の密度が高く、見た目は細くてもしっかりとした質感があります。

表面がフラットなのでどの面を下にしても二本のリングはすっと自立します。

歪み無く端正に仕上げられた証拠。

リングは入籍の日まで着けずに飾っておくそう。リングとともに年越し、そしてご入籍。

「どうぞ良いお年を!」

お二人をお見送りして、

「年内にお渡しできて良かったー。」

と佐久本さんと一安心。

 

2017年12月30日

こちらのリングのお渡しで幸せな仕事納めとなりました。

「クリスマスに間に合うといいな。」

オーダー時のご希望どおり、間に合いました!

 

ゆるやかなライン描くリングをミル打ちで美しく縁どって。

 

奥様のリングにはダイヤモンドをひとつ。

 

お渡しの際、記念に手元を撮影させていただいていると、大きく開いたご主人の指の位置をそっと揃える奥様。

「PARI PASSU(共に)」

リングに刻んだ言葉が目の前のお二人の姿に重なります。

末永くお幸せに。

どうぞ素敵なクリスマスを☆

serge winter & spring items in réunir

2017.11.14-12.25

.

serge (サージ)のこの冬のアイテムと来春の新作サンプルが届きました!

総数約100点!

 

期間中、春物の全サンプルを実際にご覧いただきご予約も承ってます。

冬の品はお持ち帰りいただけますが、サンプルもご用意してますので完売品のご注文も可能です。

ぜひこの機会に!

 

今週末開催される「オキナワマルクト2017 南の島の蚤の市 vol.3」

弊店での取扱作家のatelier saku、sou、3と2工房とともに同じテントにて出展します。

国際通り沿いと川沿いをイベントスペースとしてアンティーク雑貨や家具、器にお花、布・革小物など人気のショップや作家さんが多数出展されます!

ライブやパフォーマンスなどもあり夜はイルミネーションがクリスマスムードを高めてくれます☆

飲食ブースも魅力的なお店が豪華に勢揃い!昨年はみんな交代で並んで美味しいものもいただきました(笑)

弊店からはガラスやブロンズの小さな置物とセレクトのアクセサリーをご用意します。

店舗は通常通り営業します。

ぜひ遊びにいらしてください。

CHERRY BROWN FAIR ありがとうございました!

7日間の会期はあっという間。

 

ガラスケース越しに見ていた品々が海を越えて届いた時は本当に感無量でした。

梱包を解くとふわっといい香りがして、東京のCHERRY BROWNのショップを訪れた時のことを思い出します。

品物には画像と素材、価格が記載された紙が貼られており検品もとてもスムーズ。

これだけの品数にかけられた手間、心遣いが本当にありがたくまた感動。

 

 

インテリア業界やフラワー、様々な経験を経て、ジュエリーの世界に入った彼女のつくるものはシンプル。

どのコレクションもそれぞれ背景があり、そのデザイン幅の広さと感受性の豊かさに驚かされました。

DMのルビーのリングはほとんどのお越しの方にはめていただいてました(笑)

 

独特のマットなテクスチャーが着けた時から肌になじみます。

 

 

嬉しくてなんども手元を見ちゃいます(笑)

 

ダイヤやパール、カラーストーンそれぞれを着けて試して、ぴたっとハマった時の嬉しさは格別です。

' Creation with joy ' 

「喜びの宿るものづくり」

CHERRY BROWNのテーマを多くのお客様と共有できたことをとても嬉しく思います。

会期終了後も掲載品やお問合わせはお気軽に。

ありがとうございました。

 

 

Arles = 年間300日以上の日照に恵まれるフランスの世界遺産都市のアルル。

ゴッホをはじめ、多くの芸術家を魅了した町としても知られています。

アルルの町の「まばゆい陽の光が差し込む窓」からのインスピレーション。

シンプルなスクエアデザインにグリーンダイアモンドを組み合わせたコレクション。

ページ