「長月のそら」というテーマが決まり、9月、秋、お月見という連想で生まれた作品たち。

今回の展示会で人気の月齢ペンダント。

月には月齢によっていろいろ呼び名があります。

こちらは七日月(なのかづき)。その名のとおり新月から月齢7日頃の月の呼び名です。

月面の感じが出るように槌目をつけ丸みをもたせています。

池宮城さんの月のシリーズを見てから、今日は何の月だろう、と夜空を見上げることが多くなりました。

今回の展示会でご用意しているのは七日月と更待月(ふけまちづき)。他の月の形も製作可能です。

 

こちらは新月と雲のブローチ。

新月は見ることはできませんが、こんな風に雲がかかったりするのだろうか、と思いめぐらせ作った作品。

銀線で月面に絵を描くように雲を溶接していき、シルバーを薬品で硫化させ黒く着色しています。

そして月といえばお月見。

月見だんごを銀の粒で表現したおだんごピアスは、初回のDM撮影のときにお披露目。

メンバーから「かわい~い」の声を浴びていました。

ネックレスのチェーンは2種類。ボールチェーンタイプはお団子が連なっているようです。

 

そして秋の味覚といえば、葡萄。

銀の線を丸くして丸カンを作り、形を見ながらひたすら溶接していきます。

ヘタの部分までこまかく模様が刻まれています。

おだやかでやさしい気持ちになる作品ばかりです。

 

池宮城 三奈子 Kalii (カリー)

2012年 沖縄県工芸振興センター 金細工研修修了
シルバーや真鍮で沖縄の伝統文様や、植物、風景をモチーフに作品を制作しています。
どこか懐かしい文様やテイストで、和みのあるアクセサリーをご提案いたします。

展示会期中2回行われるワークショップの第1回目。

お好きな形の真鍮板を選び、刻みたい模様のデザインを紙に描きます。

数字やアルファベット、○、△、☆など色んな形のタガネという工具で模様を刻みます。

端材に試打をしていざ本番。やり直しができないので真剣勝負です!

タガネや金槌で模様をつけた後は、板が固くなります。加工しやすいようやわらかくするため板を火にあてます。

そしてカーブをつけ、皿状に仕上げます。

磨き布で磨いて出来上がり!

個性豊かな素敵な豆皿たち。

次回は22日(木)です。

長月のそら はじまりました!

それぞれ違う環境の中、ギリギリまで製作し、仕上げた力作が勢ぞろいしました。

前日に作品を搬入し、四名の作品をテーブル毎にわけ、ご自身でディスプレイ。

作家各々が感じる「長月のそら」。月や星、植物などが四つのテーブルを彩っています。

期間中、4名の作家も交代で在廊されてます。

作品もお人柄も個性豊かなとても素敵な方達。

製作工程や背景など裏話などご遠慮なくお話されてみてくださいね。

作品総数は約100点。殆どが在庫のご用意のない品ばかりなので気になる方はどうぞお早めに。

25日(日)まで期間中無休です。

沖縄の短く小さな秋を感じていただけますように。

cicafuの新作イヤーカフ。

細い線のシンプルなデザイン。

なんだか耳の形にもみえます。

耳のふちにかけるタイプと、耳の真ん中にはさむタイプ。

素材は真鍮とシルバーの2種類です。

cicafuのお二人が実際に着けている雰囲気がさらりとかっこよく、お伝えしたくて画像を提供していただきました。

耳にかけた後れ毛とイヤーカフのバランスがとても素敵。

シンプルなピアスと同じシルバーで素材をあわせたコーディネート。

 

こちらはイヤーカフに小さなリングチャームをとおして遊びゴコロをプラス。

髪をまとめて、ターバンを巻いて、髪を耳にかけてなど、耳出し率の高い季節。

横顔をすずやかに演出してくれそうです。

「長月のそら ー 新しい沖縄の金細工 ー」

2016年9月17日(土) 〜 9月25日(日)  

 

9月は4人の県内作家 Kalii (カリー)による合同展を行います。

広く高い秋空の下そよぐ植物たち。夜空に浮かぶ月や星。

長月のそらをテーマに細やかな手仕事から生まれた4人の個性豊かな作品をご紹介します。

Kalii (カリー)

池宮城 三奈子

玉城 志奈子 「3と2工房」

仲間 秀子「sou」

濱元 香織「アトリエひと匙」

Kalii HP http://kalii-okinawa.wixsite.com/kalii-okinawa

 

そしてワークショップでは真鍮の板で豆皿をつくります。

お好きな形の真鍮の板を選んで、金槌で叩いて皿状にした後、タガネで点や線、アルファベットや数字など好きな模様を刻みます。

金細工の「鍛金」と「彫金」二つの技法を体験できるワークショップです。

出来上がったお皿はジュエリートレイとしてピアスやリングを置くのにちょうどいいサイズ。

菓子皿として焼き菓子を置いたり、晩酌のおつまみをのせたり。

ご希望の方には穴を開けてペンダントトップにすることも可能です。

真鍮は使うほどに味わい深く経年変化を楽しめる素材。

ぜひご参加ください。

 

日時:9月18日(日)、9月22日(木)  各日11:00~  (約2時間) 

参加費:¥2,800(材料費込)

申込方法:メールかお電話にてご希望日時、お名前、人数、ご連絡先をお伝え下さい。

info@reunir-piece.com

098 - 988 - 4461 

 

2石のブルートパーズを留めたゴールドのリング。

着けなくなってしまったけど、なにか別のものに作りかえることはできますかとご相談をいただきました。

ちょうど石が二つあるのでピアスはいかがでしょうかとご提案。

シルバーの覆輪留めでシンプルなピアスに仕上りました。

シルバーとブルーの涼やかな組み合わせ。

ブルートパーズは誕生石とのこと。

いつも笑顔が素敵な方。その笑顔に添えていただけるジュエリーをお作りできてとても光栄です。

 

お手持ちのジュエリーをいかしたリメイクや、お気に入りだけど壊れてしまった品等、再び身に着けていただけるようお力になれると嬉しいです。

どうぞお気軽にご相談ください。

夏のsiki fair 終了しました!

たくさんの方にお越しいただきましてありがとうございました!

「装うオブジェ」みなさまとともにsikiの魅力にふれ、語り、共有したしあわせな9日間でした。

sikiは引き続き取り扱いしております。気になるアイテムなどあればお気軽にお問い合わせください。

siki HP  siki-web.com

 

sikiのブライダルリング。

ランダムカットリングは、ひと面ひと面やすりで角度をつけながらリングを削り手作業で仕上げたリングです。

リングのデザインバランスを取りながら、まっすぐな角度とフラットな面をつけていくのは高い技術によるもの。

始めは金槌で叩いて模様をつける「槌目」のリングを作っていたそうですが、デザインよりも手仕事の暖かさが全面に出てしまうことに違和感を感じ、ランダムさを残しつつ緊張感のある形に変更したとのこと。

デザイナーの鯉渕さんからこの話を聞いた時、すべての作品に感じる凛とした美しさの理由がわかったような気がしました。

そしてこだわりのつけ心地の良さ。

人が感じる心地よさやつけ心地はやはり人の手によるものだから。

いつも肌に、目にふれ、人生のなかで一番永く身につけるジュエリー。sikiのブライダルリング。おすすめです。

 

siki のカケラシリーズ

小さな金属のカケラ。よく見ると面が◇□△!

 

K18やネックレス、リングも。

そして三角のカケラのネックレス。

右半分の面だけ鏡面、その他の面はマット仕上げです。

鏡面はシルバー、マット面はシルバー、ピンク、ゴールドの3カラー。

 

 

 

チェーンが約49cmと少し長めなので男性にも。

コーディネートしやすいので夏はTシャツに、冬はタートルネックなど季節問わず活躍してくれそうです。

 

初めて購入した mirei さんのTシャツ。肌触りもとてもよいです。

siki fair はじまりました!

いつも作業場として使用している間仕切りの向こう側のスペース。

工具や機械、あらゆるものを隠して(汗)、DMやフライヤーで使用している黄色をアクセントにsikiの空間をつくりました。

雨がふったり止んだりのお天気。

店舗前が駐車スペースとなっております。どうぞお気をつけてお越しくださいね。

 

ページ