siki のカケラシリーズ

小さな金属のカケラ。よく見ると面が◇□△!

 

K18やネックレス、リングも。

そして三角のカケラのネックレス。

右半分の面だけ鏡面、その他の面はマット仕上げです。

鏡面はシルバー、マット面はシルバー、ピンク、ゴールドの3カラー。

 

 

 

チェーンが約49cmと少し長めなので男性にも。

コーディネートしやすいので夏はTシャツに、冬はタートルネックなど季節問わず活躍してくれそうです。

 

初めて購入した mirei さんのTシャツ。肌触りもとてもよいです。

siki fair はじまりました!

いつも作業場として使用している間仕切りの向こう側のスペース。

工具や機械、あらゆるものを隠して(汗)、DMやフライヤーで使用している黄色をアクセントにsikiの空間をつくりました。

雨がふったり止んだりのお天気。

店舗前が駐車スペースとなっております。どうぞお気をつけてお越しくださいね。

 

七角形リングはブランド立ち上げ当初からあるデザインで、円形、四角形のリングとともに定番になりうる形状を探した結果出来たものだそう。

六角形や八角形だとシンメトリーになり、ありがちな印象になってしまうため辺を奇数にしてアンバランスさを加えてます。

1mmの細い金属線で作られたリングは上から見ると七角形、側面からみても角度がつけられていてまさにオブジェ。

他のリングとの重ねづけや、チェーンを通してペンダントトップにしても。

2mmの少し太めの線を使ったLは、手や指の大きな方や男性にもおすすめです。

リングと同じ素材の金属のカケラや淡水パールを通したものもあり、期間限定で勢揃いです。

 

今から2年前、NEW JEWELRYという若手のジュエリー作家が数多く出展する展示会に行った際、

不思議な形のリングに出会いました。ブースには華奢な女性が一人。

「よかったら試してみてください。」と指にはめてみると細い鋭角的なデザインですがしっくり肌になじみます。

すっかり気に入ったのですが、はめる指をどうしようかその場で決めきれず、一旦その場を去りました。

お祭りのような会場の雰囲気を楽しんでいるとあっという間に閉館時間。

サイズを決めたら直接連絡しようと会場を後にし、決められないまま時が過ぎました。

 

そして今年の1月。

開業にむけて工具や材料の仕入のため上京。

勉強(1割)と目の保養(9割)のため数多くのジュエリーブランドがひしめく伊勢丹新宿本店の1階フロアへ。

地下鉄を降り、エスカレーターで1階に向かい、着いてすぐの壁側に期間限定SHOPがありました。

ショーケースを覗くとあの時のリングが!

「よかったら試してみてください。」とショートカットの素敵な女性。

「えっ?!」まさかの再会に大興奮!!

リングは七角形リング、女性はデザイナーの鯉渕さんでした!

NEW JEWELRYではリングばかりに気を取られてましたが、改めてショーケースを見ると他のどのアイテムも線が美しく、身に着けると心地よく肌になじみます。

あれもこれもとたっぷり試着させていただいたあげく、天下の伊勢丹様のフロアで「ぜひ弊店で取り扱わせていただけませんか」と不躾に申し出てしまいました。

「沖縄では取扱店がまだないので大丈夫ですよ。」と笑顔でご快諾。

 

そして今週7月30日(土)から、sikiのフルアイテムをご覧いただけるフェアを開催させていただくこととなりました!

デザイナーの鯉渕さん、ご協力いただいたすべての方々に感謝です。

 

 

ROUSSEAUはインスタグラムでもとても人気!

弊店での取り扱いのきっかけとなったのもやはりインスタグラムでした。

緻密な計算と技術でカットされたガラスや、仕上がった作品に植物や鉱物を入れて並べたインテリア等、美しく切り取られた写真の数々。

インスタグラムをご覧になってお越しになるお客様も多く、沖縄で実際にご覧いただける場としてご提供できることがとても光栄で嬉しい限りです。

 

作家の中山茜さんは、現在NHKのEテレ「趣味どきっ! アクアリウムとテラリウム」にテラリウムの講師としてご出演してます。

番組の内容も毎回丁寧でわかりやすく、小さなガラスのなかでの植物や鉱物の配置はディスプレイにも共通していてとても参考になります。

お会いした時のままのキュートな方で共演のJOYさんとのやりとりも微笑ましく、毎回のファッションやアクセサリーもさらりとした感じがとても素敵。

明日、7月26日(火)21:30〜21:55が最終回。

テーマは「ギフト」。贈る相手によるガラス容器や植物・小物選びも楽しそうです。

見逃した方は再放送や番組のテキストも販売されているのでぜひご覧ください。

 

ご自分用としてもプレゼントとしても人気のガラスケース。

お買い上げいただいた方からご提供いただいた画像がとても素敵でしたので掲載させていただきます。

ご提供どうもありがとうございます!

オープンの日、店内で撮ってくださった写真。

 

お気に入りの鉱物を飾って。

お買い上げのお客様は中山さんと同じく鉱物好きな方、多いです。

 

アクセサリーの小さなディスプレイケースとして。

 

みなさんのそれぞれの暮らしの中で小さなガラスの空間を愉しんでくださっててとても嬉しいです。

ご使用画像は随時追加していきたいと思ってます。

Mailか店頭にてお声掛けください。ご提供お待ちしてます! Mail : info@reunir-piece.com

 

ROUSSEAU

公式サイト  http://rousseau.jp

インスタグラム  http://instagram.com/rousseau.akane

 

 

「装うオブジェ」をコンセプトに、金・銀・天然石を用いた伸びやかな線が美しいジュエリーブランドsiki

ランダムに角度をつけた七角形のリングは絶妙なバランスで、すっと肌に馴染むつけ心地です。素材にこだわり装飾を省いたシンプルな直線のデザインと体の曲線が合わさって完成する”装うオブジェ”はまるで手のひらにのるアートピースのよう。

大人の遊び心をくすぐるシャープなラインと軽やかなつけ心地が、夏の装いに彩りを添えてくれます。

リングにピアス、ネックレスやブレスレットなど新作を含めたフルラインをレユニールにて期間限定でご用意いたします。毎日付けたくなるオブジェを探しに、ぜひお越しください。
 

ブライダルリング受注会

期間中は、sikiオリジナルブライダルリングのサンプルを全アイテム取り揃えたオーダー受注会も開催しております。ご予算に応じたデザイン・素材選びのご相談も承りますので、お気軽にお声がけください。

 

※フェア開催中は無休にて営業しております。

新しく入荷したブランド「sou」

sou(そう)というブランド名には「装う」「寄り添う」「想い」「層」「創造」という意味合いが込められています。

研磨されていないダイヤモンドの原石、ラフダイヤモンドを純銀の粒に埋め込んだピアスやリングは素材の形状、そのままの美しさをいかした作品。

グレーがかっているもの、ホワイト、ブラック、ダイヤモンドの色もさまざまなものが入荷しました。

そして日本の伝統技法「木目金」を用いたリングやネックレス。

色の異なる金属を重ねて生まれた模様はつい見入ってしまいます。

日本が世界に誇る伝統的な製法をシンプルなデザインに落とし込み、普段身につけていただける現代のクラフトアクセサリーとして。

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

お母さまの婚約指輪をネックレスにリメイクした品が完成し、お嬢様が受け取りにいらっしゃいました。

お母さまとお父さまは父の日デートとのこと。

「婚約指輪あげたの覚えてる?」ってお父様に聞いたら「あの頃はのぼせてたから覚えてない」とのこと。

ネックレスを着けたお母様の姿にまたあの頃のようにのぼせていただけるかな。

 

 

 

朝からとてもいい天気。

今日は以前オーダーいただいたお品のお渡しの日。

お品と箱をスタンバイして、どきどき。

お受け取りの様子を撮り忘れてしまいました。。。

オーダー品は2点。リングとピアス、どちらもお手持ちのジュエリーのパールを使用した品です。

 

パールの2粒付いたシルバーのブローチをリングに。

パールのイヤリングをピアスに。

リングはパールを斜めに配置し、細めの丸線をツヤのある仕上げで製作しました。気品ある印象です。

ピアスはキャッチの種類をいくつかご用意し、つけ心地やお好みの素材を選んでいただきました。耳にのせると一粒でも強い存在感。

どちらもとてもお似合いでした。

 

ただいまオーダーは1ヶ月ほどお時間をいただいております。

お客様のお好み、身に着けるシチュエーションなどお伺いし製作させていただきます。

お手持ちのジュエリーをいかしたリメイクや、お気に入りだけど壊れてしまって身につけられない品など、再び身につけていただけるようお力になれると嬉しいです。

お気軽にご相談ください。

ROUSSEAUのガラスケースが入荷しました!

カルサイトの結晶の形・角度101.9° / 78.1° をそのまま再現したガラスケース。

角度を計算してカットしたガラスを、ひとつひとつハンダで接合したガラスケース。

線が美しくそのままお部屋に置いておくだけでも絵になります。

作家の中山茜さんご本人もキュートでとても素敵な方。

来週には書籍が出版され、来月はテレビ出演とのこと!

5月25日(水) NHK出版「私の部屋の小惑星 アクアリウムとテラリウム」

6月7日(火)21:30〜毎週火曜日NHK Eテレ「趣味どきっ」(全8回)

ぜひご覧になってみてください。

 

公式サイト
http://rousseau.jp

 

ROUSSEAU / ルソー

フランスの画家 アンリ・ルソーの描く緑の世界
あの幻想的な密林は 書籍や植物園でのスケッチをもとにした
彼の頭の中だけにある空想上の世界でした

自然の造形美を組み合せ ひとつの空間に

ガラスを切り出し
一点ずつ手作業で作り出した「ハコ」に
植物 鉱物 化石
自然が時間をかけてつくりだしたカタチを合わせました

立体のおもしろさ 自然の造形美を 暮らしのなかでお愉しみください

 

 

ページ