Workshop 〜 繕う 針あそび 〜 11/17(日)

 

[ Work shopのご案内 ]

- 繕う 針あそび -

 

穴があいたり、落ちないシミのある

ニットやブラウスなど

お気に入りほど長年愛用しているとほころびも出て、

愛着があるだけに捨てられないもの。

同色の糸でも、好きな色を重ねても。

かわいく生まれ変わらせて自分だけの一枚に。

自由につくろいを楽しんでみませんか。

 

[ 繕う 針あそび ワークショップ ]

・場所:レユニール

・日時:11月17日(日) 11時〜13時頃(2〜2時間半位)

・参加費:¥2,500(材料費・税込)

・持ち物:①お直ししたい品 1〜2点
     ②同色でお直ししたい方は購入時の付属の糸があればご持参ください。

[ 申込方法 ]

店頭・メール(info@reunir-piece.com) かメッセージで受付します。

下記をご連絡ください。

①お名前

②電話番号

※先着順とさせていただきます。

 メール受付後、お申込み完了のメールを送らせていただきます。

※駐車スペースに限りがあるため近隣の有料駐車場をご案内する場合があります。

 ご了承どうぞよろしくお願いいたします。

 

画像は「amu」の亜美さんご愛用の品。

カシミヤとコットンで編まれたカーディガンは着心地よく、

どんな服にも合わせやすいのでとても出番が多かったそう。

後ろの裾に開いた穴にお花のような模様を縫い付けました。

 

こちらのコートはリネン製。

ポケットの生地が薄くなった部分に編みかけのニットを端切れがわりに縫い付けました。

 

 

こちらはカシミヤのコート。

ほろほろとしていた襟端を巻き縫いして、遊びのステッチを。

 

使用する糸もウールやシルク、ラメ入りの糸やモヘアなど、

亜美さんの糸コレクションの中から、色や素材もいろいろご用意します。

同色でお直し箇所が目立たないようにしたい方は、購入時に付いていた糸があればご持参ください。

 

 

ニットによくあるちょっとした引っ掛けの直し方などもお教えます。

 

 

[ 講師プロフィール ]
amu
石嶺 亜美 
1990年沖縄県出身
文化服装学院 ニットデザイン科卒

毛糸やセレクトの洋服などを扱うメーカーに勤務。
編み物キットの企画やワークショップ講師を担当。

2017年に沖縄に戻り
中村洋装にて現在もアシスタントとして働きつつ
2019年7月よりニット作家として
少しずつ活動を始める。

編み物のキット製作やワークショップ、オーダーのニット製作を行っています