新しく入荷したブランド「sou」

sou(そう)というブランド名には「装う」「寄り添う」「想い」「層」「創造」という意味合いが込められています。

研磨されていないダイヤモンドの原石、ラフダイヤモンドを純銀の粒に埋め込んだピアスやリングは素材の形状、そのままの美しさをいかした作品。

グレーがかっているもの、ホワイト、ブラック、ダイヤモンドの色もさまざまなものが入荷しました。

そして日本の伝統技法「木目金」を用いたリングやネックレス。

色の異なる金属を重ねて生まれた模様はつい見入ってしまいます。

日本が世界に誇る伝統的な製法をシンプルなデザインに落とし込み、普段身につけていただける現代のクラフトアクセサリーとして。

ぜひお手にとってご覧ください。

 

 

お母さまの婚約指輪をネックレスにリメイクした品が完成し、お嬢様が受け取りにいらっしゃいました。

お母さまとお父さまは父の日デートとのこと。

「婚約指輪あげたの覚えてる?」ってお父様に聞いたら「あの頃はのぼせてたから覚えてない」とのこと。

ネックレスを着けたお母様の姿にまたあの頃のようにのぼせていただけるかな。

 

 

 

朝からとてもいい天気。

今日は以前オーダーいただいたお品のお渡しの日。

お品と箱をスタンバイして、どきどき。

お受け取りの様子を撮り忘れてしまいました。。。

オーダー品は2点。リングとピアス、どちらもお手持ちのジュエリーのパールを使用した品です。

 

パールの2粒付いたシルバーのブローチをリングに。

パールのイヤリングをピアスに。

リングはパールを斜めに配置し、細めの丸線をツヤのある仕上げで製作しました。気品ある印象です。

ピアスはキャッチの種類をいくつかご用意し、つけ心地やお好みの素材を選んでいただきました。耳にのせると一粒でも強い存在感。

どちらもとてもお似合いでした。

 

ただいまオーダーは1ヶ月ほどお時間をいただいております。

お客様のお好み、身に着けるシチュエーションなどお伺いし製作させていただきます。

お手持ちのジュエリーをいかしたリメイクや、お気に入りだけど壊れてしまって身につけられない品など、再び身につけていただけるようお力になれると嬉しいです。

お気軽にご相談ください。