Little Riddle =ちいさな謎 

Instagramで作品を拝見し、写真から感じられる透き通るような空気感が好きで、フォローさせていただいたのがきっかけでした。

すぐにLittle Riddleの喜谷さんからメッセージが届き、私たちが知り合ったのは10年前と言われびっくり!

私が店をオープンする以前、前職で取引のあったアクセサリーブランドにいらっしゃったとのこと。

出産を機に活動をやめていたそうですが、三年前から再開し合同展に出展し、sikiやserial numberとも隣同士のブースになったこともあるそう。

なんだかうれしいご縁を感じました。

 

大きな合同展に出展すると伺い、東京へ。

広い会場の奥に白い空間に大きく葉を広げるユーカリを置いたブースを見つけました。

喜谷さんとはこれが初対面。

メールでのやりとりばかりでしたが、文面から伝わる誠実で丁寧な印象そのままのお人柄。

 

ブースにはアクセサリーと雑貨の2つのラインがきれいにディスプレイされています。

インテリアコーディネーターでもある喜谷さん。

ディスプレイに使用している什器も、

「こちらは床材なんです。そちらは珪藻土ですよ。」

と建築資材が使われていたり、展示会に出展する際、荷物の搬入や設置に軽くてかさばらないもの吟味し、ブース面積にあわせ什器サイズを測り準備されるそう。

 

作品も試作をかさね、小さなパーツのデザインまでこだわり磨き上げられた品々。

どれも丁寧に仕上げられています。

 

今回入荷したのはアクセサリーライン。

過去に製作していた品もリクエストしたので初めて拝見する品も多く、届いた時はもう一人で大興奮でした(笑)

 

イヤリングもすべて彼女のオリジナルです。

耳たぶの裏側を輪が支えるのでフィットします。落ちにくく、着け心地もいいデザイン。

 

作品にはそれぞれタイトルがついています。

- starlet -

「小さな星のように ささやかであっても それぞれの輝きで」

水晶を銀線でぐるぐると巻き留めています。

爪を使わずしっかりと石を留めることができるのでひっかかったり石が外れにくい留め方です。

 

- ここよりも少し遠いどこか -

「あなたの心はいつも ここよりも 少し遠いどこか」

シャツやセーターの上からも、どこで留めても絵になるデザイン。

 

- 新しい日 -

「ゆうべ あなたの夢を見た でも目が覚めたとき 私は 泣かずにいられた」

アジャスターの先のバーと揺れるパールにクゥ~となります。

 

 

自分の経験と重ねたり、過去に読んだ小説を思い出したり。

Little Riddleの世界をお楽しみください。

 

 

Little Riddle 

 

私たちの毎日は 小さな謎にあふれています
忘れてしまった夢の続き
失くした指輪の行方
聞き取れなかった あの人の言葉
それらもすべて 私たちのあり方に つながっています
そんな小さな 謎たちのように。

ただ着飾るためではない、
自分のあり方にプラスなってくれるジュエリー、
気持ちに寄り添うようなジュエリーを提案しています。

メインの素材はシルバー、パール、水晶など。
ベーシックな色や素材に絞り込み、身に着ける人自身の美しさを引き出すアイテムとなるよう心がけています。 

 

喜谷 かおる
(キタニ カオル)

早稲田大学文学部出身
ハンドバッグメーカーに勤務後、アクセサリーのデザインと製作を開始
現在はインテリアコーディネーターをしながら活動

2015.10 TOKYO DESIGN WEEK 「NEXTの100人展」出展
2016.2  京都・恵文社一乗寺店 ギャラリーアンフェールにて個展「かなしみのない世界」を開催
2018.5  青山・スパイラルにて「SICF19」に出展