「沖縄へ向かう飛行機の中で’今日梅雨明けしました’というアナウンスを聞きました(笑)」

梅雨明けとともにトートバッグひとつでいらしたserial numberデザイナーの佐々木圭奈さん。

ご愛用の金槌と刻印もご持参です。

早速お客様から刻印依頼。

プレゼントでkooriシリーズのヘアチューブをご購入したお客様。

差し上げる方に数字を確認して決まった数字は「358」

ラッキーナンバーでしょうか?

お客様のお声に作業の手を止めて、反応する佐々木さん。(ブレててごめんなさい。)

 

あっという間に出来上がり!

元々のシリアルナンバーの向かい側に。

これなら数字の上下を気にせずお使いいただけます!

 

そしてこちらはヘアピン。

在店日はお仕事でご都合が合わず、お預かりしていました。

ご希望の数字は’217’

シリアルナンバーは'070'

それならどちらにも'7'が入っているのでこういうのはどうですか?

佐々木さんのご提案でこのような打刻に☆

 

そしてこちらのお客様はシルバーのヘアカフ。

サッと着けることができるヘアカフは髪をひとまとめにすることの多い今からの季節、ヘアアレンジに時間がかけられない時や、ヘアアレンジが苦手な方(←私です)にオススメです。

ご購入を決めてから在店日まで打刻する数字をあれこれと検討してたそう。

生年月日、打刻してもらう今日の日付や、運命数に社員番号!

打刻可能なスペースと桁数、数字が入ったときのバランスなどを佐々木さんから説明していただきます。

数字を決めていざ打刻!

お客様も打刻している佐々木さんを記念撮影。

あちこちからカメラを向けられ「緊張しちゃう(笑)」

 

ヘアピンをお買い上げのこちらのお客様は打刻の後、佐々木さんに早速着けていただきました。

ピンの両端のアールがボブヘアのハーフアップやサイドを留めるのにちょうどいいアイテムです。

きれいにカラーリングした髪に真鍮の色とヘアピンのラインが映えてとても素敵です。

 

「佐々木さんのヘアスタイルも撮らせてください!」

と佐々木さんにカメラを向けるお客様と佐々木さんの後ろ姿をまとめてパシャリ。

 

一緒にきたお嬢さんの視線に合わせてしゃがみこんでおしゃべり(笑)

 

こちらでも打刻する数字をご相談中。

カメラを向けたら笑顔で金槌を持つ人(笑)

 

素材違いのヘアカフ。

それぞれお誕生日の数字など組み合わせて打刻していただいたそう。

 

二日間、3時間ずつの短い在店時間に合わせて、暑いなか足を運んでくださった皆様どうもありがとうございました。

いらっしゃるお客様の前で、かんざしやコーム、ヘアピンなどアイテム毎にご自分の髪を使ってサッと仕上げて見せて、アレンジのコツをお一人お一人の髪の長さやスタイルに合わせて丁寧に教えてくださった佐々木さん。

たくさんの試作を重ねて、ご自分で実際に使って。

ヘアアクセサリーは実用性、耐久性の求められるもの。

削ぎ落とされたシンプルな形には意味があり、使いやすさ、着けている姿にこだわり納得ができた時にはじめて001のシリアルナンバーが刻まれます。

そうやって生まれたserial numberの品は真鍮やシルバー、アクリル、革、さまざまな素材を使いながらも貫かれた佐々木さんの美意識がどの品にも感じられ、美しく佇む姿は佐々木さんを映しているのだと思います。

改めて取り扱わせていただいていることを嬉しく、佐々木さんのお人柄・魅力にますます虜になった二日間。

見惚れてないでもっと写真を撮っておくんだったと悔みは残りますが(笑)

またお招きする日を楽しみに、残りのフェア、お客様にシリアルナンバーの魅力をお伝えしながら楽しみたいと思います。

 

フェアは7月1日(日)までです。

 

serial number に初めて出会ったのは、二年前。

東京に行った時に必ず立ち寄るショップでいつものようにセンスよく並べられた品々をゆっくりと眺めてました。

ふとガラスのショーケースの中に置かれた品に目が止まりました。

他にもジュエリーが並ぶショーケースの中でも凛とした佇まいと存在感が。

カーブをつけた板にまっすぐ貫かれた黄金色のスティック。

緩やかな曲面につけた槌目から少しのぞくゴム。

ヘアアクセサリーです!

「こんなヘアアクセサリーがあったんだ!」

余分な装飾のないシンブルなデザイン。

「これだ!」

驚きと嬉しさで鳥肌がたちました。

ぜひ店で取り扱わせていただきたい!

購入したい気持ちを抑えてブランドの名前を頼りにホームページを見つけすぐにメールで連絡をとりました。

近々合同展示会に出展すると伺い、そのタイミングで作り手である佐々木圭奈さんにお会いすることに。

 

serial number のブースを見つけると、すらっと背が高くストレートの長い髪を束ねた女性。

あの日シリアルナンバーの品を初めて見た時の印象と重なります。

初めてお会いする佐々木さんと初めて目にするアイテムの数々。

「きれい!」

の一言です!

 

大学に通いながらジュエリースクールにも通い、京都のジュエリーブランド、山梨のジュエリーメーカーの勤務経験を経てご自身のブランドを立ち上げたという佐々木さん。

真鍮やシルバーで作られたヘアアクセサリーはどれも丁寧に磨かれ、素材そのものの美しさが引き立っています。

どのアイテムも作りはとてもシンプルで品の良さを漂わせています。

 

中でも目を引いたのがアクリルを使用した新作のkooriシリーズでした。

面白い形だけど、どうやって着けるんだろう?とヘアチューブを見てると

「ぜひ着けてみてください」

とその場で私の髪に。

ゴム2つを使ってひとつにまとめた毛束にアクリルのチューブをかぶせ真鍮のパーツを穴に挿す。

とても簡単です!

そして着けてるとスッと背筋を伸ばしたくなるような感じが。

ヘアアレンジが苦手でも、自分のヘアスタイルに少し自信が持てるような。いつものアレンジをアップデートしてくれるようなヘアアクセサリー。

佐々木さんにお会いして、アイテムを実際に着けてみて、沖縄でご紹介したいという想いがさらに強くなりました。

 

「こちらをいただけますか。」

着けていただいたヘアチューブをそのまま購入することに。

「こちらは新作なのでシリアルナンバーが '001' なんですよ。」

光栄なことに人の手にわたる最初の品として、私のシリアルナンバー第1号として沖縄に連れ帰りました。

 

この素敵なブランドを沖縄でご紹介できるようになったことをうれしく思います。

001からはじまるserial number が手にとってくれた方と共に物語を綴っていきますように。

 

今回のフェアでは2014年からのブランド立ち上げからこれまで発表してきたアイテムがフルラインナップで揃ってます。

ぜひこの機会に美しいヘアアクセサリー達をご覧ください!

 

serial number fair

2018.6.15 (金) 〜 7.1 (日)  11:00 〜 18:00 (水・木 定休日)

デザイナー在店日時:

6.23(土) 15:00 〜 18:00 、24(日) 11:00 〜 14:00

- n i j i -

ヘアゴムでまとめたところに裏面のフックを引っ掛けるヘアカフ。

シンプルなデザインと手軽さが、デイリーユーズにピッタリのヘアアクセサリー。

個人的にもとても出番の多いアイテムです。

 

素材は鏡面仕上げの真鍮とマットに仕上げたシルバーの二種類。

メッキをかけてないので経年変化を楽しむことも、普段のお手入れもしやすい素材です。

 

シルバーも真鍮も適度な厚みをもたせてます。

そっと力を入れてフックやカフの角度を毛束に合わせてかえることができるのでフィット感がでてスマートな印象に。

 

ヘアアレンジに時間をかけられないお出かけ前や、髪を束ねることの多くなるこの季節にもおすすめのアイテムです。
 

 

 

serial number fair 

フェア期間限定の特別企画としてヘアゴムのカラーサンプルからお好きなヘアゴムをお選びいただいてます。

ご用意したカラーは5色。

インディゴ、グレー、デニム、ホワイト、ベージュ、プラム。

どの色も一般的なヘアゴムではあまりない色。

デザインとの組み合わせ次第でガラリと印象が変わりそうです。

カラーチェンジできるデザインは4種類あります。

 

- t u k i -

月面のようなテクスチャーが特長のtukiはブランド立ち上げ当初からある人気のデザイン。

模様をつけた金槌で一つ一つ槌目を入れているのでそれぞれ表情が異なります。

オリジナルのゴムのカラーは真鍮にはブラウン、シルバーにはベージュ。

シルバーは二重にしたゴムの端にキャップをかぶせデザインのポイントにしてます。

 

- o m o c h a -

金具自体にデザイン性をもたせた遊び心のある作りのomocha。

フックを引っ掛けて留めるデザインはヘアスタイルやファッションのアクセントにおすすめです。

オリジナルはグレーのゴムです。

 

 

 

- u t a k a t a -

ポコポコと気泡の入ったアクリルをシルバーと合わせた新作のutakata。

まるで炭酸水のようです。

気泡の入り方もひとつひとつ個性があるので、在庫の中からお好きなものをお選びいただけます。

オリジナルはベージュのゴム。

 

どのヘアゴムも万が一ゴムが切れた場合も付け替えが可能です。

ヘアゴム以外にブレスレットとしても着けたくなる細部までこだわり仕上げたデザイン。

 

ヘアゴムのカラーチェンジはフェア期間だけの特別企画です。

髪や肌にのせてデザインと素材の組み合わせをこの機会にお楽しみください。

 

 

- serial number fair -

6.15(金) 〜 7.1(日) 11:00 〜 18:00 (水・木 定休日)

デザイナー在店日時

6.23(土)15:00 〜 18:00 、 24(日) 11:00 〜 14:00

serial number fair がはじまりました!

沖縄では初めての開催となります。

 

 

 

ヘアゴムにバレッタ、かんざしなどアイテム数は40以上!全アイテムのサンプルをご用意!

実際にお試しいただける贅沢な機会です。

 

ヘアアレンジに必要なピンやゴム、スタイリング剤をご自由に使ってアレンジを楽しんでいただけます。

 

フェア期間中は、4型のヘアゴムのカラーをお選びいただける特別企画も。

ヘアゴムのご紹介と選べるカラーはこちらをご参照ください。

→ https://reunir-piece.com/journal/235

 

23(土)、24(日)はデザイナーの佐々木圭奈さんも在店して、元々入っているシリアルナンバーの他にお客様のお好きな数字をその場で打刻します。

フェアは7月1日(日)まで。

夏本番を前にシリアルナンバーのヘアアクセサリーでアレンジを涼やかに楽しんでいただけますように。

みなさまのお越しをお待ちしてます。

 

「以前作っていただいた結婚指輪と同じものをオーダーすることはできますか?」

突然かかってきた男性からのお電話。

「え?! どうされたんですか?」

声の主は以前マリッジリングを作らせていただいたご夫婦のご主人でした。

奥様がリングを紛失してしまったとのこと。

 

「そうでしたか。オーダーの記録があるので大丈夫ですよ。」

とお返事すると、その後すぐにご主人が来店されました。

ご主人の行動の早さに、奥様の紛失されたショックの様子が想像されます。

 

「注文すると、いつごろ仕上りますか?」

「今からならホワイトデーには間に合いますよ。」

とお答えするとホッとしたような表情。

大きな体を曲げ深々と、

「よろしくお願いします!それと、このことは妻には内緒でお願いします!」

ご主人の行動と奥様を思いやる優しさに感動しました。

 

リングの作り手である佐久本弥生さんに伝えると

「やさしいー!素敵な旦那さん!!けど奥さんショックだろうなー。。」

「そうなんだよね、ただ作り直すだけじゃなくて、何かできないかな。。」

 

紛失した奥様、買い直すことを決めたご主人、お二人のそんな気持ちを明るくする、何かできることはないか。。。

アクセサリーポーチや、リングを置くトレイ、、、いやいや違う。。。

「そうだ!ベビーリングをプレゼントしよう!」

 

ご夫婦のリングは昨年の6月にオーダー頂きました。

オーダーいただいた時にはお腹の中にお子様が。

その後無事ご出産されたことを知り、ご誕生に何かお祝いをさせていただきたいなと思っていたところでした。

お二人のリングは、ご主人がプラチナのマット仕上げ、奥様はプラチナにK18の鏡面とマット仕上げを組合せたリング。

仕上げの違いを確認していただくために用意していたサンプルを見た奥様からのアイデアでした。

当時、佐久本さんもこのような異素材を二つ使い、仕上げを分けたリングを作るのは初めての経験でした。

 

ベビーリングも奥様のリングのような雰囲気で作ろう!

お二人のリングの特徴を分け合った感じにしよう!

そう決め、さっそく作業に取り掛かります。

プラチナの代わりにシルバーを、K18の代わりにK10を使い、二本の線の太さを揃え端をロウ付けしてリング状にします。

角を削って甲丸リングに。

直径1cm程のリングをヤスリで削り整えるのはなかなかの作業。たまに爪や指をヤスリそうになります(笑)

表面をマットと鏡面で仕上げ、お子様のお名前とお誕生日を刻印して出来上がり。

 

 

佐久本さんの奥様のリングも仕上りました。

思いがけず再度製作することになったリングを手に、

「はじめて作った時もなかなかよくできたと思ったけど、今回上等にできましたよ!我ながらいい出来です(笑)」

 

ご自宅への郵送をご希望だったので、ホワイトデーに間に合うようにご自宅宛にお送りしました。

ベビーリングのことはご主人にも内緒です。

 

ホワイトデー当日、奥様からお礼のメールが届き、そして母の日前日に奥様がご来店されました。

胸元に小さなリングのネックレスをして。

 

ご主人とお子さんもご一緒です。

オーダーの時は奥様のお腹にいたお子さんがご主人の腕のなかで笑ってます。

ようこそ! 改めましていらっしゃいませ(笑)

 

もうすぐ七ヶ月を迎えるそう。

もうベビーリングを指にはめることはできないため、チェーンを通して奥様がネックレスとして愛用してくださっていました。

 

すっかりお母さんとお父さんになった若いお二人と、人見知りせずニコニコご機嫌なお子さん。

幸せそうなご家族の様子に嬉しくなりました。

 

改めましてのマリッジリングとベビーリングが、これからのご家族の暮らしに寄り添う存在になると嬉しいな。

幸せな気持ちでいっぱいの母の日前日の出来事でした。

 

お好きな天然石とシルクコードの色を選んでいただいてご自分だけの石の雫ネックレスをつくるセミオーダー。

フェア期間限定の特別企画です。

 

 

フェアのためにご用意した天然石は、

ブルートパーズ、ローズクォーツ、レモンクォーツ、ガーネット、ロンドンブルートパーズ、グリーンクォーツ、ブルームーンストーン、グリーンアメジスト。

sikiのデザイナー鯉渕さんによる選りすぐりの粒ぞろいです☆

透明度やカットの美しい限定石を11種類ご用意しました。

 

限定石以外にも定番品のネックレスの中から石を選んで、お好きな色のシルクコードを組み合わせることも可能です。

 

セミオーダーでは、まずはじめにお好きな石を選んでいただきます。

 

候補の石を選んだら、次はシルクコード選び。

黒、青、赤、茶、緑、黄色と、

そしてグレー。グレーはsiki定番の色です。

合計7色からお好きな色をお選びいただけます。

 

コードの上に石を置いてみてネックレスにした時の雰囲気をみながら色を決めます。

 

コードの色によって石の雰囲気が変わります。

この作業が悩ましくて楽しいセミオーダーの醍醐味(笑)

 

「ブラウンもいいし、グレーもいいな」

 

コードの色が決まったらオーダー完了!

お渡しは5月下旬頃となります。

 

ここで天然石とシルクコードの組み合わせをご紹介。

 

今回のフェアでの一番人気はレモンクォーツのスクエア型。

同じ石でもコードの色で印象がガラリと変わります。

 

ロンドンブルートパーズとガーネット。

色味の強い石に濃い色のコードを合わせて。

 

グリーンアメジスト。やさしい雰囲気です。

 

グリーンクォーツ。石とコードを同系色で合わせて。

 

ブルームーンストーン。

光のあたる角度でキレイな青い色が表れます。

 

 

石を決めてパッとコードの色を決める方、じっくりと色の組み合わせやお手持ちの服とのコーディネートを吟味される方、

新鮮な組み合わせに驚いたり、色や石の魅力を再認識したり、ネックレスを作っていく過程も個性豊かで楽しいセミオーダー。

 

セミオーダーはフェア期間中随時承ってます。

この機会にぜひ!

フェアは5月13日(日)までです。

 

ゴールデンウィーク最終日の5月6日(日)

siki のデザイナー 鯉渕みどりさんが来店されました!

お取り引きをさせていただいてから、弊店にいらっしゃるのは初めてのこと。

沖縄に来るのも20年ぶりだそうです。

歩くのが好きな鯉渕さん、ホテルからてくてくと歩いていらっしゃいました。

 

鯉渕さんは大学卒業後、造形教室をご自身で行っていました。

そのなかで障害を持つ子どもたちが自分で作ったブローチを着けて喜ぶ姿を見てジュエリーの道を進むことを決めたそう。

ブランド立ち上げから8年。

いろんな方に着けていただけるようデザイン、素材、着け心地を大切に作品を作り続けています。

 

在店日のこの日はオーダーリングのお渡しの日でもありました。

「仮面ライダー」

そうあだ名をつけて愛でているバゲットダイヤを横にセッティングしたエンゲージリング。

このリングに合うマリッジリングをあちこち探し歩いたそうです。

そんな中で出会ったsikiのランダムカットリング。

お仕事で単身離島に暮らすご主人と、本島から離島へ引っ越す準備を進める奥様。

お忙しい中、ご主人が本島に来るタイミングで、サイズやリングの幅、色合や仕上げを時間をかけて検討してオーダーいただきました。

それがちょうどsiki fairの始まる1ヶ月程前。

 

鯉渕さんから「フェア期間中伺うことができそうです」と連絡があり、

もしかして直接お渡しができるかもしれない!

鯉渕さんの来沖日とご主人の本島にいらっしゃる日がピタリとあったのがこの日でした。

最高のタイミングです!

 

鯉渕さんから仕上がったリングが渡されます。

 

ケースのフタを開けて

「おー!!」とお二人。

 

「刻印とサイズをどうぞご確認くださいね。」

奥様のリングサイズが小さかったためご希望の刻印が全部入るか心配されてましたが、

「刻印ちゃんと入ってる!」

刻印もお二人の薬指にもリングがピタリと収まりました。

「仮面ライダー」との相性もバッチリです(笑)

sikiのランダムカットリングはリングのデザインバランスを取りながら、ひと面ひと面やすりで角度をつけながら地金を削り手作業で仕上げるリング。

武蔵野美術大学で彫刻を専攻されていた鯉渕さんならではのセンスと高い技術によるものです。

鯉渕さんも当初は金槌で叩いて模様をつける「槌目」のリングを作っていたそうですが、デザインよりも手仕事の温かさが全面に出てしまうことに違和感を感じ、ランダムさを残しつつ緊張感のある形に変更したのがこのランダムカットリング。

「結構あちこち探し歩いたんですよ。」とご主人。

「人生最期の日までずっと二人で着け続けるものってすごいと思うんです!」と奥様。

「このリングに決めてよかった!ありがとうございます!!」

お二人からの言葉に照れながらも深々と頭をさげる鯉渕さん。

心に残るお渡しとなりました。

 

在店の間もいらっしゃるお客様に終始にこやかに対応される鯉渕さん。

「こちらのピアスは向きを変えて違う表情を遊ぶのも楽しいですよ」

「このタイプのイヤリングは耳たぶの上の方からスライドさせると着けやすいですよ」

ピアスやイヤリングを選ばれているお客様には着け方のコツや楽しみ方を、デザインに心奪われているお客様には、

「このピアスはデザインがシンプルなので存在感をだすために厚みをもたせていて‥」

モチーフに合わせたパーツ選びや、着け心地をよくするための工夫など製作の裏話を惜しみなく丁寧に答えてくださいます。

 

そんな鯉渕さんのジュエリーコーディネートも写真に収めようと手元にカメラを向けると手を上に?

「手を上にあげて血管が静まるのをまってから手をおろすと、きれいに撮れるんですよ。」と。

以前手のモデルさんから教えてもらったワザだそう。

なるほど!綺麗です!

リングの重ねづけや、グレーのネイル、腕時計とのコーディネートもステキです。

 

セミオーダーのネックレスの製作の様子も見せていただきました。

メインの石に糸を通し、ガラスビーズを通したあと結び目を作ります。

これで出来上がりかと思ったら、結び目から糸の端にかけてブラッシング?

糸を水で濡らして糸のクセを取り、自作の櫛のような道具で繊維一本一本をすいているそう。(画像は代用したヘラという工具です)

「けっこう手間かかっているんです(笑)」

シンプルな作りだからこそ、細かい部分にこだわり、仕上りの美しさを追求する姿勢。

sikiの作品全体から凛としたものを感じるのはこういうところからなのだと納得します。

一日ご一緒させていただき、鯉渕さんという人に、sikiというブランドに惚れ重ねた日となりました。

 

フェアは5月13日(日)まで。

sikiの作品をみて触れてその世界をたっぷりと味わっていただきたいです。

siki fair はじまりました!

まさにオブジェのような新作や定番の品が勢揃いです!

 

フェア期間中は特別企画の「石の雫ネックレス セミオーダー会」も随時開催します。

 

sikiデザイナー鯉渕さん選りすぐりの石が粒ぞろい!

ガーネットやロンドンブルートパーズ、ムーンストーン、レモンクォーツ、グリーンアメジストなど限定石が11種類。

シルクコードは6カラーよりお好きな色をお選びいただけます。

フェアは5月13日(日)まで。

5月6日(日)にはデザイナーの鯉渕みどりさんが終日在店されます。

お気軽にお越しください!

 

siki fair 

4月28日(土)〜5月13日(日) 11:00〜18:00 定休日:水・木

会期:2018年4月28日(土) 〜 5月13日(日)  11:00 〜 18:00 (水・木 定休日)
※ 5月6日(日)はsikiデザイナーの鯉渕みどりさん来店!
 
場所:réunir (レユニール) 那覇市若狭3-20-22 1F
 
ブランド名の由来は「色彩」
「装うオブジェ」をコンセプトに作られた装身具は、心地よく肌になじみ、着けていないときも飾りたくなる小さなアートピース。
フェアでは、天然石を使った限定品や新作を含むたくさんのアイテムが届きます。
夏の装いに彩りを添える一品を探しに、お気軽にお越しください。
 
《石の雫ネックレス セミオーダー会》
天然石をシルクコードに通したロングネックレスはガラスビーズでお好きな長さに調整でき、金属アレルギーの方も安心して着けて頂けます。
期間中はシルクコードの色や、形・カットが様々な天然石を組合せ自由にお選びいただきオリジナル石の雫ネックレスをお作りいたします。
※オーダー商品のお渡しは5月下旬頃となります。

《sikiデザイナーの鯉渕みどりさん来店!》
5月6日(日)に
sikiデザイナーの鯉渕みどりさんが来店します!(終日在店予定)

鯉渕さんってどんな人かというと、
展示ブースを撮るためにカメラを向けるとそそーっとフレームの枠から外れたり、
アトリエの作業机のこだわりを熱く語ってくれたり。

みなさんに会っていただきたいおだやかな素敵な方です。

オブジェのような作品の生まれた背景など直接お話を伺うことのできる貴重な機会!

素敵な出会いが生まれることを楽しみにしてます。
みなさまのご来店お待ちしております。

 

ページ