「以前作っていただいた結婚指輪と同じものをオーダーすることはできますか?」

突然かかってきた男性からのお電話。

「え?! どうされたんですか?」

声の主は以前マリッジリングを作らせていただいたご夫婦のご主人でした。

奥様がリングを紛失してしまったとのこと。

 

「そうでしたか。オーダーの記録があるので大丈夫ですよ。」

とお返事すると、その後すぐにご主人が来店されました。

ご主人の行動の早さに、奥様の紛失されたショックの様子が想像されます。

 

「注文すると、いつごろ仕上りますか?」

「今からならホワイトデーには間に合いますよ。」

とお答えするとホッとしたような表情。

大きな体を曲げ深々と、

「よろしくお願いします!それと、このことは妻には内緒でお願いします!」

ご主人の行動と奥様を思いやる優しさに感動しました。

 

リングの作り手である佐久本弥生さんに伝えると

「やさしいー!素敵な旦那さん!!けど奥さんショックだろうなー。。」

「そうなんだよね、ただ作り直すだけじゃなくて、何かできないかな。。」

 

紛失した奥様、買い直すことを決めたご主人、お二人のそんな気持ちを明るくする、何かできることはないか。。。

アクセサリーポーチや、リングを置くトレイ、、、いやいや違う。。。

「そうだ!ベビーリングをプレゼントしよう!」

 

ご夫婦のリングは昨年の6月にオーダー頂きました。

オーダーいただいた時にはお腹の中にお子様が。

その後無事ご出産されたことを知り、ご誕生に何かお祝いをさせていただきたいなと思っていたところでした。

お二人のリングは、ご主人がプラチナのマット仕上げ、奥様はプラチナにK18の鏡面とマット仕上げを組合せたリング。

仕上げの違いを確認していただくために用意していたサンプルを見た奥様からのアイデアでした。

当時、佐久本さんもこのような異素材を二つ使い、仕上げを分けたリングを作るのは初めての経験でした。

 

ベビーリングも奥様のリングのような雰囲気で作ろう!

お二人のリングの特徴を分け合った感じにしよう!

そう決め、さっそく作業に取り掛かります。

プラチナの代わりにシルバーを、K18の代わりにK10を使い、二本の線の太さを揃え端をロウ付けしてリング状にします。

角を削って甲丸リングに。

直径1cm程のリングをヤスリで削り整えるのはなかなかの作業。たまに爪や指をヤスリそうになります(笑)

表面をマットと鏡面で仕上げ、お子様のお名前とお誕生日を刻印して出来上がり。

 

 

佐久本さんの奥様のリングも仕上りました。

思いがけず再度製作することになったリングを手に、

「はじめて作った時もなかなかよくできたと思ったけど、今回上等にできましたよ!我ながらいい出来です(笑)」

 

ご自宅への郵送をご希望だったので、ホワイトデーに間に合うようにご自宅宛にお送りしました。

ベビーリングのことはご主人にも内緒です。

 

ホワイトデー当日、奥様からお礼のメールが届き、そして母の日前日に奥様がご来店されました。

胸元に小さなリングのネックレスをして。

 

ご主人とお子さんもご一緒です。

オーダーの時は奥様のお腹にいたお子さんがご主人の腕のなかで笑ってます。

ようこそ! 改めましていらっしゃいませ(笑)

 

もうすぐ七ヶ月を迎えるそう。

もうベビーリングを指にはめることはできないため、チェーンを通して奥様がネックレスとして愛用してくださっていました。

 

すっかりお母さんとお父さんになった若いお二人と、人見知りせずニコニコご機嫌なお子さん。

幸せそうなご家族の様子に嬉しくなりました。

 

改めましてのマリッジリングとベビーリングが、これからのご家族の暮らしに寄り添う存在になると嬉しいな。

幸せな気持ちでいっぱいの母の日前日の出来事でした。

 

お好きな天然石とシルクコードの色を選んでいただいてご自分だけの石の雫ネックレスをつくるセミオーダー。

フェア期間限定の特別企画です。

 

 

フェアのためにご用意した天然石は、

ブルートパーズ、ローズクォーツ、レモンクォーツ、ガーネット、ロンドンブルートパーズ、グリーンクォーツ、ブルームーンストーン、グリーンアメジスト。

sikiのデザイナー鯉渕さんによる選りすぐりの粒ぞろいです☆

透明度やカットの美しい限定石を11種類ご用意しました。

 

限定石以外にも定番品のネックレスの中から石を選んで、お好きな色のシルクコードを組み合わせることも可能です。

 

セミオーダーでは、まずはじめにお好きな石を選んでいただきます。

 

候補の石を選んだら、次はシルクコード選び。

黒、青、赤、茶、緑、黄色と、

そしてグレー。グレーはsiki定番の色です。

合計7色からお好きな色をお選びいただけます。

 

コードの上に石を置いてみてネックレスにした時の雰囲気をみながら色を決めます。

 

コードの色によって石の雰囲気が変わります。

この作業が悩ましくて楽しいセミオーダーの醍醐味(笑)

 

「ブラウンもいいし、グレーもいいな」

 

コードの色が決まったらオーダー完了!

お渡しは5月下旬頃となります。

 

ここで天然石とシルクコードの組み合わせをご紹介。

 

今回のフェアでの一番人気はレモンクォーツのスクエア型。

同じ石でもコードの色で印象がガラリと変わります。

 

ロンドンブルートパーズとガーネット。

色味の強い石に濃い色のコードを合わせて。

 

グリーンアメジスト。やさしい雰囲気です。

 

グリーンクォーツ。石とコードを同系色で合わせて。

 

ブルームーンストーン。

光のあたる角度でキレイな青い色が表れます。

 

 

石を決めてパッとコードの色を決める方、じっくりと色の組み合わせやお手持ちの服とのコーディネートを吟味される方、

新鮮な組み合わせに驚いたり、色や石の魅力を再認識したり、ネックレスを作っていく過程も個性豊かで楽しいセミオーダー。

 

セミオーダーはフェア期間中随時承ってます。

この機会にぜひ!

フェアは5月13日(日)までです。

 

ゴールデンウィーク最終日の5月6日(日)

siki のデザイナー 鯉渕みどりさんが来店されました!

お取り引きをさせていただいてから、弊店にいらっしゃるのは初めてのこと。

沖縄に来るのも20年ぶりだそうです。

歩くのが好きな鯉渕さん、ホテルからてくてくと歩いていらっしゃいました。

 

鯉渕さんは大学卒業後、造形教室をご自身で行っていました。

そのなかで障害を持つ子どもたちが自分で作ったブローチを着けて喜ぶ姿を見てジュエリーの道を進むことを決めたそう。

ブランド立ち上げから8年。

いろんな方に着けていただけるようデザイン、素材、着け心地を大切に作品を作り続けています。

 

在店日のこの日はオーダーリングのお渡しの日でもありました。

「仮面ライダー」

そうあだ名をつけて愛でているバゲットダイヤを横にセッティングしたエンゲージリング。

このリングに合うマリッジリングをあちこち探し歩いたそうです。

そんな中で出会ったsikiのランダムカットリング。

お仕事で単身離島に暮らすご主人と、本島から離島へ引っ越す準備を進める奥様。

お忙しい中、ご主人が本島に来るタイミングで、サイズやリングの幅、色合や仕上げを時間をかけて検討してオーダーいただきました。

それがちょうどsiki fairの始まる1ヶ月程前。

 

鯉渕さんから「フェア期間中伺うことができそうです」と連絡があり、

もしかして直接お渡しができるかもしれない!

鯉渕さんの来沖日とご主人の本島にいらっしゃる日がピタリとあったのがこの日でした。

最高のタイミングです!

 

鯉渕さんから仕上がったリングが渡されます。

 

ケースのフタを開けて

「おー!!」とお二人。

 

「刻印とサイズをどうぞご確認くださいね。」

奥様のリングサイズが小さかったためご希望の刻印が全部入るか心配されてましたが、

「刻印ちゃんと入ってる!」

刻印もお二人の薬指にもリングがピタリと収まりました。

「仮面ライダー」との相性もバッチリです(笑)

sikiのランダムカットリングはリングのデザインバランスを取りながら、ひと面ひと面やすりで角度をつけながら地金を削り手作業で仕上げるリング。

武蔵野美術大学で彫刻を専攻されていた鯉渕さんならではのセンスと高い技術によるものです。

鯉渕さんも当初は金槌で叩いて模様をつける「槌目」のリングを作っていたそうですが、デザインよりも手仕事の温かさが全面に出てしまうことに違和感を感じ、ランダムさを残しつつ緊張感のある形に変更したのがこのランダムカットリング。

「結構あちこち探し歩いたんですよ。」とご主人。

「人生最期の日までずっと二人で着け続けるものってすごいと思うんです!」と奥様。

「このリングに決めてよかった!ありがとうございます!!」

お二人からの言葉に照れながらも深々と頭をさげる鯉渕さん。

心に残るお渡しとなりました。

 

在店の間もいらっしゃるお客様に終始にこやかに対応される鯉渕さん。

「こちらのピアスは向きを変えて違う表情を遊ぶのも楽しいですよ」

「このタイプのイヤリングは耳たぶの上の方からスライドさせると着けやすいですよ」

ピアスやイヤリングを選ばれているお客様には着け方のコツや楽しみ方を、デザインに心奪われているお客様には、

「このピアスはデザインがシンプルなので存在感をだすために厚みをもたせていて‥」

モチーフに合わせたパーツ選びや、着け心地をよくするための工夫など製作の裏話を惜しみなく丁寧に答えてくださいます。

 

そんな鯉渕さんのジュエリーコーディネートも写真に収めようと手元にカメラを向けると手を上に?

「手を上にあげて血管が静まるのをまってから手をおろすと、きれいに撮れるんですよ。」と。

以前手のモデルさんから教えてもらったワザだそう。

なるほど!綺麗です!

リングの重ねづけや、グレーのネイル、腕時計とのコーディネートもステキです。

 

セミオーダーのネックレスの製作の様子も見せていただきました。

メインの石に糸を通し、ガラスビーズを通したあと結び目を作ります。

これで出来上がりかと思ったら、結び目から糸の端にかけてブラッシング?

糸を水で濡らして糸のクセを取り、自作の櫛のような道具で繊維一本一本をすいているそう。(画像は代用したヘラという工具です)

「けっこう手間かかっているんです(笑)」

シンプルな作りだからこそ、細かい部分にこだわり、仕上りの美しさを追求する姿勢。

sikiの作品全体から凛としたものを感じるのはこういうところからなのだと納得します。

一日ご一緒させていただき、鯉渕さんという人に、sikiというブランドに惚れ重ねた日となりました。

 

フェアは5月13日(日)まで。

sikiの作品をみて触れてその世界をたっぷりと味わっていただきたいです。